急にローマには夏がやってきました。

11月から6月初旬の気候にワープして、
変な感じです。

食事も急に夏向きメニューに変更です。

とはいっても、
ご飯を作ったり、
食材を買いに行くのが
めんどうな時の
ズボラパスタをご紹介します。

パスタをゆでるだけなので超簡単

通称、白いパスタ、パスタ・ビアンカ

IMG_20190603_143708

【材料】2人分
スパゲッティ 160g
岩塩 適量
エキストラヴァージンオリーブオイル

お好みでバター、
パルミジャーノレジャーノ

【作り方】
1.パスタをゆでる
2.ゆであがったパスタに
オリーブオイルをかける。

まさに白いパスタ。
これだけなのです。

とはいっても、
ちゃんとしたイタリア家庭料理。
日本でいうごはんと梅干、漬物、
といったでしょうか?

意外と隠れファンが多くて、
料理がめんどうで、しょうがないから、
というよりは、
たまには食べたくなるB級グルメ、
なのでしょう。

ただ、
エキストラヴァージンオリーブオイルは、
上質のものを使うと、
なお、いいです。

味がおいしくなるだけではなくて、
パスタだけなのに、
栄養分までしっかりとれます。

まったく、火をとおさずに使うので、
・ポリフェノール
・スクワレン
・ビタミンE
・オメガ3とオメガ6
などなど、
オリーブオイルの持っている
素晴らしい栄養分が
しっかり吸収できるのです。

しかも、添加物がゼロの
完全自然食品のみの食事です。

時間がないからといって、
市販のパスタソースなどを使うと、
どうしても、
保存料をはじめとした、
いろんな化学物質を
食べることになっちゃいます。

しかも、経済的。

上質なオリーブオイルは
いいお値段ですが、
このパスタに使う量に換算すると、
出来合いのソースを買うより、
ずっと安いです。

オリーブオイルだけでは、物足りない
という方は、
パルミジャーノレジャーノや、
バターをかけるのがおすすめ。

IMG_20190601_132712

バターを使うときは、
パスタの皿に
パスタのゆで汁を少し取って、
そこに、バターを入れて溶かすと、
ほかにお皿を汚さなくていいですよ。

バター入りの皿の中で、
ゆでたてのパスタをあえるのが、
ポイントです。

日本人だから、
少しお醤油をおとしても
美味しいですね。

こんな時、美味しいおしょうゆがあると
もっといいですが・・・

お料理する時間がないし、
冷蔵庫に何もない!
というときにおすすめです。

サラダなどの野菜があれば、
完璧です!