IMG_20190528_193718

こんにちは、KOKOです。

もういい加減聞き飽きたと思うのですが、
ローマは相変わらず11月のような天気です。

なので、普段の夏には作らない、
夏野菜のオーブン焼きを作ってみました。

子供たちも、
あ、台所は暖かいね、
なんていうくらいです。

夏野菜のオーブン焼き
【材料】
・ズッキーニ
・赤ピーマン
・黄色ピーマン
・小玉ねぎ
・セロリ
・にんじん
・じゃがいも
・パン粉
・パルミジャーノ
・オリガノ
・エキストラヴァージンオリーブオイル
・塩
・コショウ
分量はすべてお好みで、
というより、冷蔵庫にあるもので。

【作り方】
1.野菜をすべて切る。
ズッキーニ、ニンジンは輪切り、
残りの野菜も
同じくらいの大きさに切る。

2.パン粉と同量のパルミジャーノ、
オリガノと、塩、コショウ少々も加えて、
切った野菜に絡ませる。

3.200度に熱したオーブンで約20分焼く。

4.野菜が柔らかくなったら、
緑の香りのオリーブオイルをかけて、
いただきます。

実は、せっかくオーブンをつけるのだからと、
カツレツも揚げずに、オーブンで焼いたのだけど、
写真を撮るの忘れてました。

こういう何気ない野菜料理が大好きです。

切る手間はかかるけど、
あとはオーブンが焼いてくれます。

こういうお料理には、
トスカーナやウンブリアの
オリーブオイルがよく合います。

IMG_20190527_191114

昨日、ご紹介したオーロ・ディ・ジャーノで。

日本で手に入るオリーブオイルで、
おすすめなのは、
ウンブリア州、ペルージャ近郊で作られる
ルイジ・デガのカルディナーレ。


ちょうど今年の、
国際オリーブオイルコンクールで、
見事、金賞に輝いた絶品。

送料も無料なのでお得ですね。
上質なエキストラヴァージン
オリーブオイルを試してみたい、
と思っているかたにもおすすめです。

モライオーロ種を主体にしているのですが、
香りがよくブレンドされていて、
バランスの取れた味わいが絶妙です。

こういう本物のオリーブオイルが
日本でも手に入るなんて、本当にすごい、
と思います。