こんにちは。

今年の5月のイタリアは、
記録的な冷夏になるそうです。
毎日、朝・晩、本当に寒い。

いつもは、この時期半ズボンの息子が、
未だに長ズボン履いてます。

しかも、全部膝小僧に穴があいちゃったから、
新しいの買って、と言われてショック。

すぐに暑くなって履けなくなるだそうし、
夏の間に背が伸びると、秋には履けない可能性大。

とはいっても、穴あきはかわいそうだから、
ワンサイズ上のブカブカを買っちゃいました。
それも、かわいそうだけど・・・

そんなこんなで寒い今日この頃、
5月だというのに、煮込み料理が恋しい気分です。

というわけで、昨夜はビーフシチュー。

IMG_20190516_202223

日本ではドミグラスソースを使った凝った料理ですが、
イタリア風は、いたってシンプルです。

イタリア風ビーフシチュー
(SPEZZATINO DI MANZO)
【材料】
牛肉(肩肉とかモモ肉、スジ肉など)500g
玉ねぎ 1/2個
人参 1/2本
セロリ 2本
ジャガイモ 大2個
トマトの水煮缶 400g
ワイン 100CC
オリーブオイル 大さじ1
ローリエ 1枚
小麦粉 少々
塩、コショウ 少々

【作り方】
1.厚手の鍋に玉ねぎ、にんじん、セロリの
みじん切りを入れて、オリーブオイルで炒める。

2.一口大に切った牛肉も入れ、
表面の色が変わるまで、よく炒める。
塩、コショウする。

3.ワインを入れて、アルコールを蒸発させる。

4.表面に、小麦粉を一つまみふりかけて、
よく混ぜる。

5.トマトの水煮缶を加える。
(漉しても、濾さなくてもお好みで)
ローリエも加える。

6.弱火で、約1時間、ゆっくり煮込む。

7.一口大にきったジャガイモを加え、
あと、30分くらいゆっくり煮込む。
出来上がり。

いかにも、イタリア料理。

なんでも、香味野菜(玉ねぎ、にんじん、セロリ)を
オリーブオイルで炒めたベースで、
トマトを加え、煮込む。

ただそれだけ。

それだけなのに、美味しいから不思議。

余計な化学調味料などなくても、
お肉や野菜が美味しいから、必要なし!

これも、できたら倍の量作っておくと、
翌日、すごく美味しくなります。

白いご飯を添えて、サラダがあれば、
それで、十分バランスの取れた夕食が出来上がりです。

お試しください。