IMG_20190410_154638

やっと冬が終わって春が来たというのに、花粉症で困っている方のお声をよく聞きます。

私は幸い花粉症ではないのですが、ここ数年、花粉症の危険がじわじわと押し寄せているような気がします。冬から春先にかけて、何回もくしゃみをすることが増えていました。

花粉症歴が長い夫が苦しんでいる様子をみているだけに、絶対にかかりたくないと思っているだけに、以前日本から持って帰ってきたシソをベランダで栽培して、シソジュースを作って、なんとか花粉症をしのいできました。

ところが、今年は忙しくてシソジュースを作ることも忘れていたのですが、バタバタしている分、意外に元気に過ごしていました。

ところが、先月、頭がぼんやり痛くて、目がショボショボ、鼻水がどんどんでてくる不快な症状に見舞われました。くしゃみを繰り返す私に、夫が「あれ、ついに花粉症?

そういえば、風邪とも違うこの症状、花粉症っぽい。なんで急に?と思いつつ、気づいたことがありました。

今年はオリーブオイルソムリエのテイスティング試験のために、毎朝スプーン一杯ほどの上質なエキストラヴァージンオリーブオイルを種類を変えて味見していたのですが、この数日、この習慣を忘れていたことを!

そこで人体実験とばかりに、風邪薬ではなくオリーブオイルを飲んで、生理用食塩水で鼻と目を1日数回洗うだけを続けると、たった2日くらいですっかり回復。

もちろん、それから毎朝のエキストラヴァージンオリーブオイルを欠かさず続けているので、不快な花粉症のような症状がすっかり消えています。いつもの年より元気です。

かかってしまった人には無理かもしれないけれど、私個人の経験だと、花粉症予防にエキストラヴァージンオリーブオイルが有効かもしれません。

というのも、「花粉症予防」について調べてみると、免疫力が下がっているときに花粉が体内に入ってくると、異物を排除しようとクシャミや痒みが起きるのが花粉症なので、まずは免疫力アップが大切、とのことです。

そのためには、①腸内環境を整える、②粘膜や細胞の強化、③免疫細胞を活性化させることが必要だと。

そうすると、やっぱりオリーブオイルが効くというのも、納得です。

というのも、朝、スプーン一杯のオリーブオイルを飲むとお通じがよくなるというのは、イタリアでは常識です。腸の働きを正常化して便秘を改善すると昔から言われています。

それから、②の粘膜や細胞の強化ですが、これもオリーブオイルの重要な効果の一つです。オリーブオイルに含まれるスクワレンが粘膜や細胞を強化するうえに、粘膜強化に役立つビタミンAを強化するポリフェノールが含まれています。

そして、③の免疫細胞を活性化ですが、これもスクワレンが免疫力を向上させてくれます。

このほか30種類もあると言われる各種ポリフェノールが抗酸化、抗炎症効果、そして抗アレルギー効果もあるし、自然の抗酸化剤ビタミンEも豊富に含まれているので、花粉症予防になるといっても過言ではないのでは?と思うのです。上質なエキストラヴァージンオリーブオイルは、まさに飲む美容液なのです。

今、私が愛用しているエキストラヴァージンオリーブオイルのなかには、オレイン酸が100ml中80gも含まれている優れものがあるので、これを朝の一杯に決定。花粉症になっては大変と、毎朝せっせと飲んでいます。オレイン酸の含有量が80gを超えたら、もうお薬の域です。

IMG_20190410_154942

花粉症ではないけれど、昨年11月、アメリカのFDA(FOOD AND DRUGS ADMINISTRATION)が、オレイン酸が70%を超えるエキストラヴァージンオリーブオイルには、「心筋梗塞や心臓病などの予防効果がある」と記すことを発表したことも記憶に新しいように、薬用効果がたっぷりなのです。


いつも行くオリーブオイル専門店で「ちょっと高いけど、これは絶対買う価値あり!」とおすすめされたオイル。チェトローネ社の「イン」というイトラーナ種100%のエキストラヴァージンオリーブオイルです。ローマからも近いラツィオ州のソンニーノのオイル。日本にはないと思っていたのに、調べてみたら売っているので、びっくり。

イタリアでも高いから日本でも当然高いけれど、これは本当に天然の美容液、サプリの価値ありなのでおすすめです。偽物のオリーブオイルが横行しているといわれますが、チェトローネは正真正銘の本物の上質エキストラヴァージンオリーブオイルです。花粉症予防だけじゃなく、アンチエイジングにも効果あり!

朝、まず青々しい緑の香りをじっくり楽しんでから、口に含んでほんの少し苦みとピリッとした刺激をじっくり味わいます。一日が元気にスタートできる楽しい習慣です。