IMG_20190210_213308

あまり美味しそうな写真じゃないのが恐縮ですが、今日は我が家の大人気ピザをご紹介します。

我が家は、たいてい週に一回くらいピザを食べます。週に一回というと多いような感じですが、イタリアでは週に一回ピザを食べるのは、普通のレベル。。

特に普段、外で働く忙しいイタリアのママたちは、金曜日の夜くらいは絶対に外食したい、家で作りたくない、という理由で、ピザならみんな大好きだし、安いし、という感じでピッツェリアにでかけます。ローマのピッツェリアは、本当にいつでもどこも込んでいます。

小麦をこねるのが好きな私からすると、外で食べるピザは材料費を考えると高いような気がしますが。

友達や家族と一緒に出かけるのなら、ピッツェリアは楽しいけれど、普段は家で手作りピザです。

手作りって大変じゃない?と言われるけれど、毎週のように作っていると、さすがに感がつかめてくるので、誰でも絶対に上達します。上達すると、ピザ作りなんて簡単になります。

IMG_20190210_213352
そして、本当に経済的。冷蔵庫に残っている少しのハムやチーズなど、なんでも大活躍してもらいます。

あと、チーズをメインにした夕食になるのも嬉しいところ。できれば、週にお肉が2日、魚が2日、卵が1日、チーズが1日、そして、最後の1日は好きなもの、というバランスにするのが理想です。

お肉料理って簡単だし美味しいけれど、有機栽培のものは買えないので、いろいろ変化をつけるほうがいいと思うのです。今どきのお肉やお魚って何が入っているかわからないですから。

特に育ちざかりの子供が2人いるので、質より量になりがちですが、食べたもので体は作られるのですから、買い物をして料理を作る人の責任は重大ですよね。

なんて、前置きが長くなりましたが、家で食べるピザの人気ナンバーワンは、パンチェッタかグアンチャーレ、おろしたペコリーノチーズ、そしてたっぷりのコショウだけです。

実はこれ、ローマの名物カーチョ・エ・ぺーぺというパスタにヒントを得て、それにカルボナーラ風にパンチェッタを加えた我が家のオリジナル。といっても、残りもののパンチェッタを、小さく切って散らしただけですが。

トマトやモッツァレッラもいいけれど、しょっぱくて辛くてカリカリとした強烈なピザ。これに、プーリア州のパンチの効いたエキストラヴァージンオリーブオイルまでかけたら、超濃厚ピザ。

アイデアでいろいろ作れるのが楽しいピザ。

ピザ生地の作り方については、こちらもどうぞ。


logo

【ピザ生地の簡単レシピ】休日にイタリア風ピザを子どもと作ろう!