IMG_20190112_213555

今日もとっても寒いローマ。

こんな日は、やっぱりポレンタが食べたくなります。

というのも、ポレンタを長い時間煮込むので、台所がすっかり温かくなって居心地がいいのです。

ポレンタについては、「冬の定番料理ポレンタが食べたい」もどうぞ

ポレンタのソースで私が一番好きなのが、豚のスペアリブとソーセージのトマト煮込みです。

豚の脂がこってりとしていて、カロリーが高いのはわかっているけれど、寒い日にはこういう濃厚さが欲しくなります。

豚のスペアリブと言えば、沖縄のソーキ。暑い沖縄では夏でも食べるスペアリブですが、イタリアでは冬の食材というイメージがあるのが不思議な感じ。

そしてこの料理も、スペアリブはメインのセコンドピアットに、濃厚な充実トマトソースはポレンタにかけたり、パスタに和えたりするとプリモピアットに、二通りに楽しめます。まさに一石二鳥。

IMG_20190112_213630

イタリアでは、こういう濃厚トマトソースの時は、こういうショートパスタに合わせることが多いです。ちゃんとしたルールはないけれど、長いこと住んでるうちに、なんとなくわかってきました。

豚のスペアリブとソーセージのトマト煮込み
【材料】4人分
豚のスペアリブ 800gくらい
ソーセージ 2本
玉ねぎ 1/2個
赤ワイン 1/2カップ
トマトの水煮缶 2缶
オリーブオイル 大さじ3
オレガノ 少々
塩 少々、

【作り方】
1.厚手の鍋にオリーブオイルと玉ねぎの薄切りを入れて、中火で約2~3分炒める。
2.スペアリブを入れて、豚の脂がしっかり出るまで、焦がさないように炒める。
3.赤ワインを加え、アルコール分を飛ばしてから、トマトの水煮缶を漉して入れて、弱火にして約30分ふたをして煮込む。
4.ソーセージを一口大にして加えて、さらに1時間くらいゆっくり煮込んで出来上がり。

時間がないときは圧力鍋を使うと、30分くらいでお肉が柔らかくなります。身が骨からホロっとはずれるようにしっかり煮込んでください。そのほうが肉汁がしっかり出て、トマトソースもさらに美味しくなります。

私も実は圧力鍋の愛用者。

今使っているのは、彼のお母さんからいただいたラゴスティーナの圧力鍋。もう15年以上も毎日使っています。

実は、パスタを茹でるときも、この鍋を使っています。厚手だし大きいのでパスタをゆでるのにもぴったりなのです。

よくもまあ、こんなに丈夫なんて驚きですが、構造がシンプルなのと、部品が単品で売っているので、修理ができるところが便利です。

私も取っ手のところと、ふたの蒸気が出る部分など、いくつか故障するたびに部品を変えて使っています。すごく経済的。

一度デザインにひかれて、ドイツ製の圧力鍋に買い替えようかと思ったけれど、いろんなパッキンがついていて、しょっちゅう買い替えなければいけないということに気づいてやめました。

単純なのが一番ですね。

ちょうど今、楽天のお買い物マラソンでお得なクーポン付きのものを見つけました。おすすめです。