IMG_20190106_001820


今年は日曜日にあたっていますが、毎年1月6日はエピファニーアの日と言ってイタリアの祭日です。そして、毎年冬休みの最終日です。

サンタクロースはもともとカトリックの習慣ではなくて、エピファニーアの日にベファーナというおばあさんがいい子にはお菓子を、悪い子には黒炭を持ってくるというのが、イタリアのクリスマスプレゼントだったそうです。

夫が子供のころは、クリスマスにはプレゼントがなくて、バカンスの最後の最後にようやくベファーナがプレゼントを持ってきてくれたそうです。

プレゼントが来ても、遊べるのは1日のみ。翌日からは学校ですごく理不尽だった!と。

それが今の子供たちは、クリスマスとベファーナと2回もプレゼントがもらえるからいいよな!だって。

一方、プレゼントを買う親は大変です。

クリスマス用は学校が終わる前に買っているからいいけど、ベファーナのほうは、ついつい買い忘れちゃって、直前に、子供に見つからないように買わなきゃいけないのです。本当は早く買っておけばいいだけだけど、クリスマスで親戚からもらえなかったものを買ってあげようとか、いろいろ思うと結構大変。しかも、自分になじみのない行事なので、結構忘れがちだったりするのが本音です。

お菓子のほうは、普段、手作りおやつを食べさせられている子供たちなので、スーパーの市販のものを。でも去年は大きくなったからか、いかにもっていうお菓子は食べてくれなかったので、今年は普段から好きなものだけをチョイスです。

IMG_20190106_002945

このお菓子を靴下に入れて準備完了。

IMG_20190106_004033

もちろん、二人とも知っているけれど、知らないふりをしてくれています。

上の子は14歳だから、来年もこうやって遊んでくれるかは謎。そう思ったら、あと少し。楽しまなければ!