IMG_20190101_161041


おせち料理のないイタリア。チェノーネといって大晦日の夜にすごいご馳走を食べるので、翌日はあっさりと普通の食事です。

年越しそばもないけれど、大晦日から元旦に食べるのがレンズ豆。

ちっとも似てないと思うのですが、レンズ豆をコインに見立てて、たくさん食べると、その年お金に不自由しないと言われます。

レンズ豆はベジタリアンの良質なタンパク質源とも言われるほど、栄養満点なスーパーフード。

でも、ここはイタリア。ザンポーネという一種のソーセージと一緒に食べます。

豚足の皮の中にスパムのようなサラミが詰まってます。これを、大晦日のご馳走のあと夜中に食べるのですから、おそるべし胃袋。

今朝は家族全員、お昼過ぎに起きてきました。そして、夫が「もう朝ごはんの時間すぎたから、直接、レンズ豆食べよう!」。

私は、ここ数日の食べ過ぎ飲み過ぎに加え、夜遅くまで、花火を見にウロウロしてたので、久しぶりにお腹が絶不調。聞いただけで気持ちが悪い。

大晦日、料理しながら味見がてらに少し食べたけど、ザンポーネ入りのレンズ豆は、今日の体調ではとてもじゃあないけれど無理。

わたしは諦めて、家族みんなにお金との縁を作ってもらいましょう。