IMG_20181225_160104


ちょっと遅れてメリークリスマス。

カトリックの総本山イタリアでは、キリストの生誕を祝って、盛大に25日のランチを家族揃って過ごします。

私の住むローマでは、羊のお肉がメイン、という家庭が多いようです。キリストは迷える子羊なのに、なんて思ってしまいますが、犠牲のシンボルなのでいいのでしょうか。

というより、ローマ近郊では羊の放牧が今でも盛んなくらいなので、地産地消ですね。

今日は、義姉のお宅へお呼ばれです。

カンポ・ディ・フィオリの老舗のお肉屋さんで買った羊のお肉は、新鮮で上質。

こういうお肉はシンプルにオーブンで焼くのが一番。ジャガイモもしっかり脂が染み込んで、絶品。おしゃべりしてる間に、少し焦げちゃってますが、これもまた美味しい。

この時期、ひつじは半身で売っています。今日はたったの6人なのに、3キロの羊肉。骨付きラムチョップか、足の部分、好きなところを選びます。

IMG_20181225_160156


ローマでお料理に使うのは、まだお母さん羊の乳しかのんでいない赤ちゃん羊。ちっとも臭みがなくて、柔らかくて、ちょっと残酷ですが、絶品!成長した羊をペコラというのに対して、赤ちゃん羊はアニエッロ、と言います。

キリスト教とじゃないけれど、美味しいものを食べれるクリスマス、満喫です。