IMG_20181223_194454

いよいよクリスマスイブですね。

日本ではイブというと、なぜかチキンの料理を思い浮かべますが、カトリックの国イタリアでは、イブの日はお肉を食べません。

キリストの誕生を翌日に控え、厳かに有り合わせの夕飯を済ませ、真夜中にキリスト誕生を祝うミサにでかける、というのが一昔前のクリスマスイブだったそうです。

ところが今では肉はだめなら魚、ということで、盛大な海の幸のご馳走が定番。真夜中にミサに行く人も、どのくらいなのでしょう・・・

我が家は、ラッキーなことにお料理上手の義姉の家に毎年お呼ばれです。毎年15人くらい集まっての食卓に、10種類以上のアンティパストが並ぶ素敵なディナーを用意してくれているのです。毎年、何が出てくるか、とても楽しみです。

一応、私もいろいろ作って持っていくので、結構、前日は準備で忙しいのです。今日のランチのメニューは簡単に、ということで、ミートボール。

IMG_20181223_194623

この料理のいいところは、ミートボールを煮たトマトソースで、パスタを和えるところです。一品で二品できてしまいます。

IMG_20181223_222850


しかも、子供も大人も大好きな人が多いので、簡単なおもてなしにも喜ばれます。

今日のイブのご馳走、作る時間がないという方にもおすすめです。作り置きも、味がしみ込んでよりおいしくなります。また、ミンチなので、経済的なところも嬉しい料理です。

イタリア風ミートボール
【材料】4~5人分
牛肉ミンチ 400g
卵 1個
食パン 1枚
牛乳 50㏄
にんにく(みじん切り) ひとかけ
パセリ 少々
パルミジャーノレジャーノチーズ 粉末で大匙1
塩、胡椒
ナツメグ

トマトソース
・トマトの水煮缶 400~600g 
・玉ねぎ 1/2 個
・にんじん 1/2 本
・オリーブオイル
・バジル、または乾燥オレガノ
・赤ワイン 100㏄

【作り方】
1.ハンバーグの要領で、材料をすべてよく混ぜ合わせる。
2.22~24個くらいになるように、一口サイズに丸める。
3.トマトソースを作る。大きめのフライパンに、オリーブオイルとみじん切りの玉ねぎと人参をいれて、弱火でゆっくり炒める。
4.玉ねぎと人参をフライパンの隅によせて、ミートボールを入れて、表面を色よく焼く。
IMG_20181223_194701

(こうすると、フライパン1つですむので、洗い物が少なくてすみます)

5.赤ワインを注ぎ、アルコール分を飛ばしたら、濾したトマトの水煮缶を入れて、約15分くらい煮詰めたら出来上がり。

私はイタリア風に、このトマトソースのみをパスタと和えますが、ミートボールごと和えて、ミートボールパスタでも楽しいし、ミートボールに白いご飯を添えてもいいかもしれません。

パルミジャーノとパセリが入って、イタリア料理店で食べるような本格的な美味しさです。困ったときのおすすめの一品です。