IMG_20181214_183607


今年は暖冬だと油断してたら、急にローマも冷え込んできました。

IMG_20181214_183912


いつも元気な子供たちも、なんだか少し風邪気味っぽい。

あと一週間でクリスマスバカンスが始まるので、それまでなんとかもってほしいものです。

体を温めるために、ポロねぎをいっぱい使ったポタージュスープを作りました。ポロねぎって、日本の下仁田ネギに似ているといわれる太いネギ。お鍋とかに使うネギですよね。

私の作るポタージュは、スープの素も生クリームも使わないお野菜だけのスープです。疲れた胃にじっくりと沁みわたる優しい味です。

じゃがいもとネギだけなので、お財布にも優しいスープですね。そのわりに野菜の滋味がたっぷり感じられる本格的な味なので、おもてなしにも使えますよ。意外とこういう優しい味に飢えている人が多いようで、喜んでもらえます。

朝ごはんにもいいですね。

ポロねぎとじゃがいものポタージュスープ
【材料】4人分
ポロねぎ 1本
じゃがいも 2個
オリーブオイル 大さじ1

【作り方】
1.ポロねぎを薄切りにします。緑の部分も全部使います。
2.ジャガイモも皮をむいて、薄切りにします。
3.厚手の鍋にオリーブオイルとネギを入れて弱火で炒めます。ネギがしんなりしたら、じゃがいもも加えて、少し炒めます。
4.野菜がひたひたになるくらいの水を入れて、ふたをして弱火で20分くらいゆっくり煮ます。
5.ハンドブレンダーでしっかりポタージュになるようにつぶす。
6.塩味を見て、足りないようなら少し加えて、出来上がり。

いたって簡単な離乳食のようなレシピです。実際、子供たちが小さいときに、野菜の種類を変えてしょっちゅう作っていた料理です。

これまでは、食べるときに大量のパルミジャーノレジャーノチーズをすりおろした食べていたのですが、昨日からは上質のエキストラヴァージンオリーブオイルを。

実は、前回のオリーブオイルのレッスンで、エキストラヴァージンオリーブオイルとお料理のマリアージュについて勉強しました。

そこで出てきたのが、まさにこのポタージュスープ。

IMG_20181214_183955


私のと同じと思われる、じゃがいもとポロねぎのみのポタージュ。こちらはネギの青い部分を使っていないから色が美しい、きめが細かい、という大きな違いがありますが・・・

このポタージュに7種類のオリーブオイルをかけてみて、それぞれの味の違いを見る、というものだったのですが、魔法のよう。全然違うものになっちゃうんですね。

早速、我が家でも辛味と苦みのバランスのよいトスカーナのオイルをかけて食卓へ。あまりにも緑だから嫌がるかな、と心配しつつも、子供たちがパルミジャーノチーズを欲しがらずに、このまま完食!動物性のものが入らないほうが、胃には絶対優しいはずです。

やっぱりエキストラヴァージンオリーブオイルの世界は奥が深い!

小豆島産手摘み100%「小豆島」EXVオリーブオイル 100ml小豆島 オリーブオイル エキストラバージン 国産 最高級 小豆島産100% エキストラヴァージンオリーブオイル 一番搾り olivejapan オリーブオイルコンテスト 金賞 オリーブアイランド olive island
小豆島産手摘み100%「小豆島」EXVオリーブオイル 100ml小豆島 オリーブオイル エキストラバージン 国産 最高級 小豆島産100% エキストラヴァージンオリーブオイル 一番搾り olivejapan オリーブオイルコンテスト 金賞 オリーブアイランド olive island