IMG_20181107_135431

イタリアのハムは何でもおいしいけれど、その中でも特別に美味しいのがブレサオラ

牛肉を塩漬けにして、ハーブやスパイスで長期熟成させたもの。

脂分が豚肉に比べて格段に少ないので、あっさりしているけれど牛肉のコクがあるのです。ヘルシーなので、サラミ類を食べるときの罪悪感が少ないのもいいところ。

パルミジャーノチーズやルッコラとよくあうので、お皿に並べて、上質のエキストラバージンオリーブオイルとレモンを絞ってかければ、これだけで十分立派な前菜になります。

IMG_20181107_135728 (1)

カプリ―ノというフィラディルフィア系のチーズとの相性も抜群。

そっくりそのままパンにはさんでパニーノにしたら、子供も大喜び。

この牛肉ハムは、北イタリアのロンバルディア州の名産です。イタリアの北の端、アルプス山脈の山間の町で伝統的に作られてきました。ヴァルテッリーナ地方のIGTです。

ローマっ子いわく、子供の時は見たことも食べたこともなかったとか。やっぱり、いいのか悪いのか、グローバリゼーションですね。

牛肉なので、生ハムよりさらにお値段は高めなのですが、試してみる価値ありです。